FC2ブログ

看板職人のブログ

看板、デザイン、Tシャツ、釣り、育児の事を、iPhone画像を使って気ままに書いています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

見積の難しさ

看板屋の見積は難しい
昨年から小僧達にも見積をさせているがなかなかどうして・・・・・・・・

600×1800の袖看板を壁に付けてほしい・・とお客様から依頼があったとして
この時、「おいくらぐらいですか?」と言う質問があったとする

この場合まず考えなければいけないのが、看板本体をどうしたいのか?
またどんな素材で製作したいのか? これを決めないことには話しが先に進みません
相手が素人さんの場合はこちらから平均的な物を瞬時に判断して「こんな物はどうですか」
とお話させて頂きます

ここでの看板屋さんの?
1 既製品のアルミ看板にするのか?(タテヤマアルミ・三協など)
2 ステンレス看板にするのか? (鏡面仕上? HL仕上? 塗装するの? 押縁??など)
3 スチール製の看板にするのか? (塗装するの? 色は? メッキ仕上げ? などなど)
4 木枠看板?
5 アルミフレームで??
6 昔ながらのアクリルBOX型??

看板本体の製作方法も多種多様で、お客様のニーズによって変わるので即答出来ないことが多い

次に看板本体の素材が決まると広告面の素材と照明についての?
1 蛍光灯を入れて光らせる看板にするのか?(何本??)
2 照明を入れるとして、広告面をアクリルにするのか? FFシートにするのか?
3 外照式(スポットライト)などで外から看板を照らす物にするのか?
4 外照式にするなら広告面をアルポリと言う資材にするのか?カラートタン? ステンレス??
5 外照式にするならスポットは何を使う? 何処のメーカー? 必要な明るさは?

などと、色々な事を考えるわけですよ

「安く、より安全に看板を作りたいなら」

完全なる仕様書の製作だと考える。
何処の看板屋でも答えられるだけの材料の揃った仕様書でないと数社から見積りを貰うと
金額に開きがありすぎてしまう
完全なる仕様書をお金を出して製作してもらい、その仕様書をネットで見つけた看板屋へ
一斉送信すれば、その看板の適正価格が見えてくる。何故なら看板屋でも何が適正価格なのか
がわからないからである(笑) (注、おおよその平均価格はわかりますよ(^^;
看板には定価がありません。全てが一品物でオーダーメイド品なので見積が変わって当然

もっと言うなら最安値の見積と仕様書を持って次から次へと、「お宅ならこれより安くなる?」
と聞いて回る根性があれば極限まで安く製作することは可能である」

数軒の看板屋から見積を貰う場合、この仕様については特に注意しなければ、どこが高くて
安いのかの判断は素人には絶対に出来ない

仕様が無い場合は看板屋にとって
① 製作しやすい方法
② 製作するのに都合の良い素材
③ 取付する建物との調和を自分の好みで見出す
これらの事を考えて見積するので高かったり安かったりがあるわけです
ですから高いと言っても素材が良い物であれば高いのではなく適正であって
安いと言っても素材が単なる木枠であれば当たり前の事で、仕様が無い以上
価格の差は必ず出てくるわけです

A社 600×1800袖看板 合計金額 10万円
B社 600×1800袖看板 合計金額 15万円
C社 600×1800袖看板 合計金額 20万円
こんな見積がきたらどうしましょう? 安いA社にしますか? 高いC社にしますか?
それとも間をとってB社にしますか?

答えは ありません(^^;
A社の10万円は安いのかどうかもプロから見ても仕様が分からないと答えられません
C社についても同じです
この場合各々好きにしてくださいとしか言うようがありません
なんでも良いから安い看板と言う方はA社へどうぞ・・・しかし・・・
A社が安いとは誰も言っておりませんが・・・・実は仕様によっては、5万円かもしれません・・・・

だから仕様が必要なのですな・・・

僕なら仕様書を作成して、5社ぐらいに見積要請します。今でもしております
そうすると平均価格が出ますのでそこから値引き交渉ですな、あとはやっぱり
その営業マンや職人さんとの相性、その仕事に対しての助言内容などで決めます
相手も利益を追求して仕事をしているので変な値引き交渉はしません
看板屋から電話で「ここはどうしますか?」と言う質問が出ないような仕様書でなければ
思った通りの見積は出てこないと思って間違いないと思います。
逆の立場から言わせてもらえれば簡素な仕様書では、簡素な見積書になってしまう
そうすると「概算見積」と言う言葉が見積書に入ります
ちなみに昨年、僕一人が担当した見積件数はおよそ370件、そのうち60件は「概算見積」
です。それは仕様が決まってなかったり、現場を確認出来なかったりと色々な問題がある場合です。
いずれにせよ、見積は難しい
これを小僧達に教える方法は・・・・経験しかないのか???
と思っております
一般的な見積方法は確立しているのでそれを照らし合わせて小僧達は日々奮闘しております

がんばれ小僧!










スポンサーサイト



| 見積り | 14:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちわ

samansaさん
確かに最近は価格重視ですね。
とんでもない高い・・・これって発注されるお客さんの
気分次第ではないかな?
事実僕のお客さんにも高くなることがわかっていながら
発注される方いますよ
そこには、信頼や面倒見、など色々と考慮して出される
結果だとは思いますが・・・
うちはエンドユーザーの仕事が少ないので
いつも「はいわかりました」状態です(笑

| 看板職人 | 2010/02/20 17:57 | URL |

毎度です。
見積ですか〜
最近は、皆さん価格重視ですな(泣)

知り合いの看板屋は、とんでもない高い?
値段で仕事してますが
それでもokなお客さんを持ってます
(エンドユーザーですがね)
持ちつ持たれつ なのかな?

| samansa | 2010/02/20 17:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://70t.blog93.fc2.com/tb.php/203-28294822

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT