看板職人のブログ

看板、デザイン、Tシャツ、釣り、育児の事を、iPhone画像を使って気ままに書いています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

進化したねぇ~

夕方、小僧Aと二人で

街宣車の寸法取りへ伺いました

街宣車

帰りの車中で、小僧Aが

小僧A「現地調査ってあれで良いんですか?」

僕  「いいんじゃないの?なんか問題あった?」

から始まり、この間やった現場への不満と言うか自分なりの

問題を口にしてきました。

小僧A「なんであの現場は皆に何も伝えないでいきなり上へ行ったのか?」

(上とは、作業車で現場へ向ったのかと言う事。)

僕 「あの現場は本当にごめん、完全にシミュレーション不足で

   皆に指示が出せない状況だったから、すぐに確認してみたかった」

と説明。

すると納得したようで、助かりました。


ダラダラと現地調査について語り合いながら

今やった現地調査は、何故あんなにいいかげんで良いのか?

何故って・・・単なる寸法取りでそれ以上何かする事あるのか?

と言う話になって、そもそも現地調査(現調)と言う言葉の意味が

わかっていなかったらしい・・・・

総称として(現調)と言うが、街宣車の上に付いている

広告面の貼り替えってのは、それ以上でもそれ以下でもないので

現地調査とは言わない、単なる「寸法取り」である

ここで考えなければいけない事は

1、既存の広告面に貼ってある上から貼るのか?

2、上から貼るなら既存のシートは何か?(カッティングなら考えなくてはいけない)

3、いつ駐車場にこの車があるのか?

以上、たったこれだけだ・・・

これは仕事の依頼主に聞けば良いだけなので現場での調査は

単なる寸法取りになってしまうわけだ

で、現地調査とは現地を目視して採寸し、頭の中で出来る限りの

仕上がりイメージを作り、その看板を取り付ける為のあらゆる

リスクを考えた結果が現地調査だと思う

なので現地調査が終わった段階では、頭の中でイメージ通りの

看板が安全に綺麗に取り付けが完了していなければ現地調査とは

言わない。

何処の会社でも現地調査するのに出来の悪い奴を一人では行かせない

現地調査に行ける人間は会社からそれなりの信用やスキルがあると

判断した人間にしか行かせないものだ、だからお馬鹿さんでは現地調査が出来ない

現地調査は段取りの中でも最も重要な段取りだと思っている







っとこんな話をする前に、小僧Aが言いました、

「現調って、終わった段階ですでに頭の中で看板付いてるんですね」



小僧Aの進化が少し見えた午後でした







スポンサーサイト

| 自己 | 11:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://70t.blog93.fc2.com/tb.php/248-5db1b3f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。